2016年08月26日

新たに加わった推理アクションも明らかに!

スパイク・チュンソフトは、7月26日に発売するPSP用ソフト『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園(以下、スーパーダンガンロンパ2)』の新情報を公開した. 『スーパーダンガンロンパ2』は、2010年11月に発売されたPSP用ハイスピード推理アクション『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の続編. リゾート地として有名な南の島・ジャバウォック島に軟禁された生徒たちが、学園長から脱出と引き換えのコロシアイを仕向けられる. 殺人が起きて事件の捜査が終わる と、学級裁判がスタート. 捜査した内容をもとに生徒全員で議論し、犯人を見つけ出すことができるか? 今回は、学級裁判の詳細について紹介する. 学級裁判が始まる前に行うこと 捜査時間では聞き込みや物を調べたりして、事件の手掛かりを集めていく. 捜査することで事件解決のヒントを弾丸に見立てた"言弾(コトダマ)"として獲得できる. 言弾は物的証拠であったり、生徒の証言であったりとさまざまだ. 探索して、裁判に必要な"言弾"を入手. あとは、裁判中の適切なタイミングで使っていこう. 学級裁判開始前に、裁判に役立つスキルをセット可能. 覚えているスキルからセットしたいものを選択し、裁判に備えよう. スキルは最大SPの範囲内でセットでき、最大SPは自身のレベルが上がるほど多くなる. スキルには、発言力の最大値が増える"注目の発言力"や"照準の移動速度が速くなる"シフトアップ"など、さまざまな種類が存在. 学級裁判の基本となるのは"ノンストップ議論" 学級裁判では、生き残っている生徒たちと事件を議論しながら、犯人を推理して解明していく. その議論の際に発生するのが"ノンストップ議論"だ. "ノンストップ議論"では、生徒が次々と発言し、議論が自動的に進行. プレイヤーは、彼らの発言の中から"ウソや間違い"を見つけ出し、捜査で集めた"言弾"を使って、これを論破していくことになる. Rボタンの精神集中を使うと、流れていく発言セリフのスピードを落とせる. ただし、集中力ゲージを消費する. ノンストップ議論中に、次々と流れてくる生徒の発言セリフのうち、黄色になっているセリフ部分が発言のウィークポイント. 発言には、ウィークポイントがいくつかあるので、どのウィークポイントが間違った発言なのか推理して、アナログパッドで照準を動かし、△ボタンで"ウソや間違い"を撃ち抜き指摘しよう. ウィークポイントを撃ち抜けるのは、その矛盾を指摘できる言弾だけ. いくつか装填される言弾から、矛盾の根拠となる言弾を選択して撃ち抜け! ウィークポイントから間違った発言を推理して、言霊で撃ち抜く"論破ブレイク". どの発言に、どの言霊を当てるのかがポイントだ. 複数のウィークポイントが出現することもあるが、議論の中の"ウソや間違い"は基本的に1つ. 偽物のウィークポイントに言弾を当てても論破できないばかりか、プレイヤーの信用が損なわれ、発言力ゲージにダメージを受けてしまう. 発言力ゲージがなくなると、ゲームオーバーだ. 本作では、青い色のウィークポイントが出現することもある. 黄色のウィークポイントを"論破ポイント"とすると、青色のウィークポイントは"賛成ポイント"というもの. 賛成ポイントに言弾を当てる際は、相手の証言が"正しい"ことを証明するために言弾を撃つ必要がある. 議論によって"論破"するべきなのか、それとも"賛成"するべきなのか. スニーカー 状況に応じて推理していこう. 難易度は、推理部分とアクション部分で別に設定することが可能. 詰まってしまったら、難易度を変更するのも手だ. 次のページで推理アクションとコラボを紹介.
posted by KikuchiMinayo at 10:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください